女性にモテるためには声が重要?男のモテ声とは

女性にとって男性の低い声というのはとても安心感があり、落ち着くとされています。そのため、女性にモテる声といえば低い声であると感じている人は少なくありません。

一方、野太い声とは対極にある優しい声にも注目が集まっています。
優しい声はささやいているように話すため、一見すると声が通りにくく、大変そうですが、声としてはよく通るため、女性にもダイレクトに届きやすいのが特徴です。

このように、低い声、優しい声が女性にモテる声として言われているほか、様々な声があり、どういった声がいいのか、またそういった声になれるのか気になるところです。

どんな声が女子にモテる?

低い声、優しい声以外にも落ち着いた口調というのもポイントとしてあります。

どんな声であってもせかせかと話されては落ち着きません。声に関係なく、落ち着いてしゃべっているかどうかというのが大前提になるため、もし女性にモテる声を目指しているのであれば、ぜひとも落ち着いて話すということを頭の中に入れておきたいところです。

次に、心地よい声というのも好評であり、聞いているとついつい眠くなってしまうような甘い声というのも女性には人気です。低い声、優しい声、甘い声など雑音ができるだけ入らないということが共通点と言えます。

自分はどんな声?

ここで気になるのは自分がどのような声をしているのかという点です。実際に喋っている時の声とそれを客観的に聞く時では感じ方が全く異なります。

このため、スマートフォンの録音機能などを使い、自分の声を初めて客観的に知る人は実はこんな声をしていたのかと驚いたり、気持ち悪くなったりしがちです。
逆に言えば、この声で色々な人と話していると思い、ここから改善をしていき、女性にモテる声を獲得していくことが重要となります。

その場合、カメラ機能を使い、声だけでなく、表情なども録音をしておくことが大切です。

聞いていて生理的に受け付けないような声としては、やけに声が高い、滑舌がよくない、声に特徴があるなど色々とあります。喉などに問題がある場合にはどうしようもないですが、口の動かし方で改善ができるものであれば、生理的に受け付けない状況から脱却させることは大いに可能です。

口を大きく開けないとしっかりとした発音がなされません。これでは声がストレートには響かず、こもったような声になってしまいます。そうならないためにも、口ははっきりと開けて、ハキハキ喋ることを心がけるだけでも印象は大きく変わります。

腹式呼吸で声を出すことでモテ声に


低音ボイス、低い声を出していくためにするべきことですが、滑舌よく話すこと以外にも腹式呼吸で声を出すということが大事です。喉で声を出すような人はあまりいい声にはならないだけでなく、喉が疲れやすくなってしまいます。

また、お腹から声を出さないと声自体が弱く、すぐに裏返ってしまうといった問題も孕んでいます。腹式呼吸を行い、それで声を出せば、声が裏返るということはなく、ストレートな声を相手に届けることができます。そして、抑揚などをつけて話していけば、安心感などをしっかりと与えることが可能になります。

発声の練習も必要です。息が抜けたような喋り方をする人がいますが、これだとモテる声にはなりにくく、声に息が混じるような形となり、あまりいい印象は与えません。モテる声をしている人は息が抜けるなどのことはなく、雑味がないような形になります。発声の練習では基本的なところから行っていき、声の出し方を学びます

声をよくするには音の振動に意識をすることが重要であり、そうしたことを体全体を使って表現していきます。これらのことを積み重ねてようやく女性に受け入れられる声になり、聞いていても心地の良いものへ進化していきます。

モテる声はマイナス面の少ない声

女性に支持されやすい声は、結局のところ、マイナス面が目立たない声というのが考えられます。何時間でも聞いていられる声というのがよく、生理的に受け付けない部分や違和感のある部分などを見つけてしまったら女性から好かれることはなくなります。

そのため、低い声が得意な人もいれば苦手な人もおり、反対にその人にとって生理的に受け付けない声でも別の人には大好きな声として称賛されることもあります。このため、男性としては、低い声、優しい声に関係なく、まずは口調をハッキリさせるなどマイナス面を修正していくようなことが求められます。

安定感、信頼感を与える声には力強さがあります。優しい声は決して弱々しい声ということではなく、トーンを上げなくてもしっかりと通る声というのが優しい声です。意識しなくても通る声にするには、声の圧力を高めることが大事です。

これをしておけば、力強さを獲得することができ、低い声であっても優しい声であっても通用します。ズバリ大事なのは、力強い声、ハキハキとしたスタイルです。低い声、優しい声は単に声のベースであり、それを強化してくれるのが力強さ、滑舌よく話すことなどであることを知っておかなければなりません。