笑っているスキンヘッドの中年男性

歯が汚いとモテない?歯を白くするための3つの方法

あなたは歯の綺麗さに自信がありますか?

自信を持って
「はい、自信があります!」
と言える人は、ホワイトニングをやっている人ぐらいでしょう。

歯が黄色くなる原因は山ほどあります。
喫煙・コーヒー・カレーライスといった着色してしまうものは身近にあふれています。

今の現代の日本で生活している以上黄ばむ原因を取り除くのは不可能に近いです。

ですが、歯が汚い男性まずモテないです。

歯が汚いから一切モテないというわけではありませんが、汚い歯が並んだ笑顔を見たあなたの目の前の女性はそれだけで引いてしまうかもしれません。

デートでせっかくいいムードになり、ここで決め笑顔で落とす!という時に歯が汚いとせっかくのお持ち帰りチャンスが台無しです。

そんなチャンスを逃さないためにも歯を綺麗にするホワイトニングの方法をまとめてみました。

あなたにあったホワイトニング方法を見つけてみてください。

歯が汚いとこんなにも印象が違う

綺麗な歯 汚い歯

 

2枚の写真を見比べてみてどうでしょう?
1枚目の左側の写真が元の写真で、2枚目右側の写真は歯の部分だけ暗くしたものです。

歯の綺麗さだけでこんなに印象が変わるんです。

心なしか歯が汚い写真は、歯が綺麗な写真に比べて笑顔の輝きも濁って見えませんか?

爽やかさが段違いですよね。
こんだけ歯の印象って笑顔に影響するんです。

意外と歯が汚いのって自分じゃわからないもんです。
鏡で見てても普通かなーと思って気にしてなくても、異性からしたら結構気になるもんです。

あなたの笑顔濁ってて大丈夫ですか?爽やかな笑顔目指しませんか?

汚い歯を綺麗にするための3つの方法

現在の歯の状況を入り、その上であなた自身に最適な方法を見つけましょう。

歯本来の白さであればクリーニングや日頃の生活習慣である程度保つことができます。
ですが芸能人のような真っ白な歯を目指すのであればホワイトニングが必要です。

日常生活で気をつける

歯を白く保つには、日常生活でも気をつけなければいけません。

  • 色の濃い食べ物を食べないようにする
  • 喫煙をしない

色の濃い食べ物を出来るだけ食べない

コーヒー・ワイン・カレー・チョコ・ソースといった色の濃い食べ物は歯に色味が付着してしまいます。
出来るだけそれらを食べないことが重要なのですが、こういったものって美味しいですよね。

食べないで生活するというのはストレスがかかってしまいます。

なので色の濃い食べ物を食べた場合は、すぐ口内を水で濯ぐようにしてください。
色が歯に付着する前に水で口内を濯ぐだけでも効果があります。

さらには食後にガムを噛むのも効果的です。

ガムを噛むことで唾液が出ます。唾液には自浄作用というものがあり口内を清潔に保ってくれる作用があります。
唾液により色がさらに付着するのを防いでくれるのです。

喫煙をしない

喫煙をすることで歯にヤニが付着してしまい、歯が黄色くなります。
喫煙している人の歯って真っ黄色ですよね。

可能であれば喫煙しないことが望ましいのですが、それでもやめられないのであればクリーニングに頻繁に通ったり、ステインを落とすための歯磨き粉で歯を磨く必要があります。

歯を白くしたい&喫煙もしたいのであればかなり費用がかかることを頭に入れておく必要があります。

クリーニング

コーヒー・ワインやタバコなどステインが原因の汚れに関してはクリーニングがオススメです。

表面の汚れは簡単に落ちませんし、歯医者さんで磨いてもらうのが一番手っ取り早いです。

クリーニングは保険適用と自費があるので注意してください。

保険適用と自費では治療の仕方が変わります。

※右スクロールでさらに詳細

保険適用自費
時間△15分ほど○およそ1時間ほど
歯石除去△時間が短いため、ある程度○綺麗に取ってくれる
研磨△ある程度雑に。下手すれば傷がつき、さらに汚れがつきやすく○綺麗に磨いてくれる
ステイン汚れ×なし○専用の機器で落としてくれる
金額△保険適用で3000円ほど×歯医者にもよるが10000円〜20000円

定期メンテナンスや歯石を取るぐらいの目的であれば保険適用で3ヶ月に1度ぐらい行くのもいいかもしれませんが、汚れ取りが目的であれば自費で受診するようにしてください。

ホワイトニング

ホワイトニングは専用の液剤を歯につけ、時間を置くことで歯を白くします。
これは表面の汚れでなく、歯の内部を綺麗にすることで歯自体を白くします。

クリーニングでは、歯本来の白さは出せても芸能人のような白さを出すことはできません。
なぜならアジア人の歯本来の色味が少し黄色がかっているからです。

なので芸能人のように真っ白な歯を目指すのであればホワイトニングが必須です。

ホワイトニングには、オフィスホワイトニングホームホワイトニングとあり、専門の医院で処置を行うか、家で行うかと分かれています。

一般的には医院でする方が歯は綺麗になりますが綺麗な期間が短いと言われています。
逆にホームホワイトニングはじっくりと綺麗になっていくので、歯の白さを保つのに向いています。

大事なイベント前にはオフィスホワイトニング、日常的に白くしたいならホームホワイトニングと分けるのがいいでしょう。

ホワイトニングの料金もピンからキリまであります。
一回あたり2500円の格安のところもあれば、一回数万円と高額な場所まであります。

安いから白くならないというわけでもありませんが、高いところはきちんと綺麗にしてくれます。
まずはお試しで安いところでホワイトニングを試してみて効果を感じ、ずっと白さを保ちたいのであれば高いところに通うのもいいでしょう。

安さ重視

スターホワイトニング

質重視

まとめ

歯が汚いとそれだけで清潔感が損なわれてしまいます。
清潔感のない男というのはまずモテません。

せっかく他の箇所が良くても歯が汚いことで清潔感の評価が下がりそれだけで恋愛対象外となってしまう場合もあります。

元々汚いからと諦めるのでなく、まずは生活習慣から見直してみてはいかがでしょうか。