【初級】初対面でも上手く話せる!ホストが実施している会話術

せっかく意中の人と二人きりになれたのに会話が続かない、メールでは話が弾むのに実際に会うと話せなくなるなど好きな相手ほど会話が続かなくなる事があると思います。

今回は遊園地の待ち時間でも相手を飽きさせないような長く続く会話術をホストの経験を踏まえてお伝えしていきます。

会話の重要性

外見はお洒落やダイエットで変化する事は出来ますが生まれ持った要素も大きく、ある一定のラインまでしか行きません。

その点、会話やコミニュケーション術は努力すればするほど備わります。また日常や仕事でも使えるので覚えておいて損はありません。

ホストはお客様を長くお店に居させ売り上げを上げる事も仕事の一部となっています。さらに「楽しい」「また来たい」と思わせなければ次がありません。
私の尊敬するホストの先輩は【顔で売る奴は一瞬トークで売る奴は一生】なんて名言を残していました(笑)

芸能人を見ていても会話の重要性が分かると思います特に芸人さんがモテると言う話は有名ですが芸人は空気を読むのが仕事でもありコミニュケーション力に長けている人が多いです。相手の気持ちを汲み取り相手の為に会話を続ける事が飽きさせない事や気持ちを引き付ける事に繋がっていきます。

会話の繋げ方

会話はキャッチボールです。相手の投げた球をしっかり返さなくてはなりません。

突然ですが会話が弾み自分が無理に盛り上げなくても盛り上がる方法かあります。
それは【相手に喋らせる】事です。

会話を上手く繋げる方法の一番重要な部分はこの相手に喋らせるという事になります。
貴方は相手に喋らせる為のレールを引くことで相手は楽しくなり勝手に会話を進めていってくれます。

では具体的にどうするか
今回は一番重要な部分のみを説明していきます。

相槌を上手く使う

会話を聴く側で大事になってくるのが、この相槌です。

相手の会話に合わせて相槌を打っていくのが基本になりますが同じ相槌を打ち続けていると相手は本当に聞いているのか、またつまらないのかと話す側から聴く側に回ってしまう事があるので同じ相槌は三回までにしましょう。

また相槌で会話の幅を広げたり出来るので上手く活用しましょう。
「今日寒いね」と言う会話に対して「うん」と相槌を打つか「たしかに寒いね早く暖かくならないかね」などと相槌を打ちながら次の暖かくなって欲しいという会話の種を撒いておく事で会話がスムーズに運ぶ様になります。

相手が自分自身の話をする時(長くなりそう)は同じ相槌を三回以上つかないで時々顔を相手に少しだけ近づけて相槌を打ちます。
そうすると相手は自分の話に興味があると思い喋る事を続けます。

こうして相手に沢山話をさせる事で相手の情報も掴めるのと同時に沢山話せて楽しい人のイメージも残ります。

楽しい人というのはジョークが上手いとか笑わせる事が出来ると言うことでは無く会話をする事で日々のストレスを解消させる事が出来る人の事を言いますので面白いと楽しいの区別をつけて会話を進めていって下さい。

また女性からの悩み相談などを受けた時は答えを求めていないという事を覚えておきましょう。
稀に答えを求めている場合もありますが、ほとんどの場合聞いてほしいのと肯定して欲しいと言うのが女性が求めている行為です。

男性は何かの相談する時に答えを求める傾向にあります。
逆に女性は聞いてもらう行為を求めています。

これは男女の古い歴史から基づいていますが此処では割愛します。

ですので女性からの相談などを持ち掛けられた場合は一通り聞いた後に肯定し「〇〇をどうしたらいいんだろうね」などど問題点を整理してあげて相手に投げかけて上げましょう。

そもそも相談する時は答えが出ていて後は誰かの同意意見で安心したいと言うのが、ほとんどなので自分を良く見せるために自分の意見を押し通そうとするのは止めておくのが無難です。

まとめ・中級編へ

今回はホストが使っている会話術を紹介しました。会話術はホストにとって一番の武器なので一回では伝え切れませんが会話の重要性を理解して相手に喋らせる事を意識して見てください。特に男性は地位や権威維持のため自分の事を多く話がちになるので7対3くらいの割合で聞くことを多くする様にして下さい。

会話上手は聞き上手と昔からよく言います。
会話で相手を楽しませたい人は相手の為に会話をしてください。まずは相手の会話を聞いて上手に相槌を打って次の会話の種をまき相手が乗ってきたら次の相槌をつくなどして会話を繋げて行きましょう。

基本的に会話が続かない人や会話が下手くそと言われる人は相槌のつき方が下手なのと自分の話ばかりする人です。この2点を克服して会話を上手く進めて行ってください。
それでは皆様の恋愛が上手くいく事を願っております

【中級】初対面でも上手く話せる!ホストが実施している会話術