モテる男、モテない男の特徴とは?あなたは当てはまる?

「あの人、顔は特にイケメンっていうわけでもないのに、なぜか彼女が途切れたことがないんだよな」・・・なんて思ったこと、ありませんか?

反対に、「あの人、顔はかっこいいのに、なぜか彼女いない歴が更新中なんだよな」・・・なんてこともあるでしょう。

男性から見て「あいついい男だな」と感じたとしても、それが女性にとっての「いい男」とイコールになるとは限りません。

女性からの人気を獲得するには、コツがあります。逆に言えば、あなたがどんなに「いい男」であっても、コツを押さえていなければ意味が無いのです。

「俺って、外見も性格も悪くはないはずなのに、なぜかモテたことがない」なんて嘆いているあなた、この記事を読めば明日から女性の態度が変わるかもしれませんよ!

モテる男の特徴

人脈が広い

モテる男は、「狭く深く」の付き合いをせず、「広く浅く」の交流をします。

「明日は友達と××に行くんだ」「今週の日曜には、学生時代の友達と久しぶりに会うんだ」など、交友範囲が広ければ広いほど、それが女性にとっては魅力的に映ります。

例えば「俺、プライベートでの付き合いがほとんど無くてさ。携帯もほとんど鳴らないし」なんて言っている男性に比べて、その魅力は歴然ですよね。

女性は、年齢が若ければ若いほど、冒険家の男性に憧れを抱く傾向があります。地に根を張って堅実的な生き方をしている男性を好むのは、30代以降など、ある程度の人生経験を重ねてからでしょう。

気になる女性が若いなら、極端にいえば、危険な香りがして、プライベートに謎の部分が垣間見えるような男性が好まれます。

モテる男性は、人脈が広く、あっちへこっちへ忙しく飛び回ります。そんな男性の背中を見て、女性は「この人と一緒に居れば、新しい世界が発見できそう」と追いかけたくなるのです。

人脈を広く意識するだけではなく、さらにワンポイントとして、できれば謎の部分も少しだけ作っておくと尚良いでしょう。

例えば「今日は先輩に会うんだ」と伝えたとき、彼女が「先輩?何の先輩なの?」と聞いたとしましょう。

その際、詳細に「うん、学生時代の部活の先輩でね・・・」と答えるのではなく、「あぁ、うん・・・まぁちょっとね」など、少しミステリアスな部分を残したほうが女性は惹き付けられますよ。

聞き上手

女性は常に「私の話を聞いて!」という願望を持っています。モテる男は、この女性の特徴を利用するのが上手いんですよ。

もちろん男性にも、「こんなことあったんだよ」「俺の話を聞いてよ」という欲求はあることでしょう。でも女性にモテたいのなら、徹底して聞き上手になることが大事です。

例えば女性が「今日上司に怒られてさー!私のミスじゃないのに、最初から私が悪いみたいな言い方してきて・・・」と話し出したら、その話が終わるまで、徹底して「相槌専門」に徹しましょう。

相槌は、「うん」の一種類だけではありません。「それは大変だったね」「えー、それはひどいね!」「そうなんだ」「そうだよね、分かるよ」など、様々に存在します。

モテる男は、相槌を打つのがとても上手です。

女性の話がひと段落するまで、決して自分の意見は言いませんし、まして自分の話にすり替えるなんて論外です。

例えばモテない男性は、女性が「今日上司に怒られてさー!私のミスじゃないのに・・・」とまで言った時点で、「あー、分かるよ!俺もこの前会社でそういうことあったもん!なんで上司って、事実関係を確認する前に一方的に決め付けるんだろうな。もし俺が上司になったら・・・」なんて、いつのまにか自分の話に変えがちなのです。

そこであなたがどんな正論や名言を言ったとしても、女性にしてみれば、「私の話をきちんと聞いてくれなかった」という不満だけが残ります。

逆に言えば、女性の話を最後までしっかりと聞ければ、女性はそれだけで満足するのです。「言いたいこと言えた!すっきりした!」という気持ちが、あなたへの好感度に繫がるんですよ。

モテない男の特徴

自慢話と批判ばかりする

では次に、モテない男性の特徴も見ていきましょう。

モテない男性は、自慢話と批判をしがちです。

自分自身のことではなくても、例えば「俺には、このあたりの地域全体に顔が利くダチがいてさー」とか、「うわー、あそこを歩いている男、見て。あのファッション、ありえねー!あれで格好良いとか思っているのかね」など、第三者の自慢・第三者の批判も含みます。

話を振られた女性も、最初のほうは「すごいね」「そうだね」など話を合わせてくれるでしょうけれど、それが頻繁すぎるとうんざりしてしまうのでご注意ください。

筆者(女性)にも経験があるのですが、彼氏と一緒にテレビを観ていると、「これ絶対ヤラセだよ」など番組批判ばかりしてくるので、一緒にテレビを観るのが心底嫌になりました。テレビを付けるのも嫌になりました。こちらは楽しんでいるのに、楽しい気分が台無しにされるからです。

批判が癖になっている男性は、批判することで、自分のレベルがかなり高いものであると暗黙のアピールをしているのかもしれません。でも女性にとっては不快なものであると、早めに気づくに越したことはないでしょう。

同じものを同じように感じられる男性が、女性にとっては理想的です。彼女が楽しんでいるならそれに水を差すような発言はせず、夢を壊すような言動も避けたほうが良いでしょう。癖は無意識に出るものなので、日ごろから何かを発言する前に、それが「自慢」「批判」の類ではないかどうかを、一度考えてみましょう。

モテない男性の特徴「女性の友人が多すぎる」

モテる男性の特徴として、人脈が広いということを先ほど挙げました。

でもその人脈は、あくまで同性の友人に限定されるものです。それがどんな付き合いの友人であれ、「今日は女友達のAちゃんと会う約束をしているんだ」「今週の日曜は、B子と出かけるんだ」など、女性の友人が多すぎるというのも、恋愛対象の男性にはなれません。

「別に変な感情は持っていないし、ただの友達だって(笑)」といくら説得されようと、女性にとっては「友人止まり」の男性になってしまいますよ。

SNSの友人登録で、やけに女性の顔写真が多い男性をたまに見かけます。

もしあなたが彼氏募集中の女性であったなら、そんな人からコンタクトのメッセージが届いても、相手にしませんよね?仮に友人としてコンタクトを取り始めたとしても、本気の恋愛には進みにくいことでしょう。

男女問わず人気者であるということは、あなたの人望を表す一つのステータスになることは確かです。でもやはり、それだと「いい人」で終わってしまう可能性が高いのです。

「男女の間に、友情なんて成立しない」と思っている女性も多いですので、もしモテたいのであれば、友人としてでも女性との付き合いは避けたほうが良いでしょう。

まとめ

モテる男性、モテない男性の特徴について、それぞれいくつかご紹介してきましたがいかがでしたか。

この記事に書いてあることを意識すれば、明日からあなたに、たくさんの恋の矢が向けられるかもしれませんよ!