悩む男性

目標達成できないあなたが生まれ変わる4つの方法

目標が達成できない…
この悩みを持つ人は多いと思います。

私自身もそうでした。
私は個人事業主なのですが、自営業というのは仕事をやらせられるというのではなく、自分でやらなければいけないものです。

働けば働くほど収入を得ることはできますが、働かなければ収入は0です。
分かってはいるのですが、働く気が起きないのが人間というものです…

こうなりたいな〜ぐらいのイメージはあってもそこまで達成できなく何年も過ごしていました。

サボってばかりでなかなか仕事が思うように進まないし、仕事しようという気が起きませんでした。
なので、そんなサボってばかりの私が目標を決め、それを達成することができるようになった、4つの方法をお伝えしようかと思います。

目標達成できる人とできない人の思考の違いを理解する

目標を達成できる人目標を達成できない人の思考の違いは、ポジティブであるかネガティブであるかです。

  • 目標達成できる人
  • …とりあえずダメ元でもやってみるか

  • 目標達成できない人
  • …どうせやっても無駄だし。

と目標を達成できる人とできない人の差はここです。
目標が達成できない人は、やっても無駄だし。できなかった。やっぱりやっても無駄だったんだ。と、失敗することをネガティブに捉えてしまいます。

成功する人も失敗はしています。ユニクロを創業した柳井正社長は1勝9敗と失敗ばかりでした。
ですが今ではユニクロの名前を知らない人はいないほどの成功者となっています。柳井社長はこう言っています。

致命的にならない限り、失敗はしてもいいと思っていました。
やってみないと分からない。
行動してみる前に考えても無駄です。
行動して考えて修正すればいい。

失敗を恐れてはいけない。
失敗にこそ成功の芽は潜んでいる。

十回新しいことを始めれば九回は失敗する。

まず実行すること。そして実行しながら考えることです。実行してみて、計画と現実が違ったら、その時点でいかに早く対応するかが大事です。

小さな失敗を積み重ねることによって、成功が見えてきます。

まさに、失敗から成功を産んだ人ですよね。
成功ばかりの人生を歩んで成功した経営者はいません。

成功した経営者はみんな失敗を糧に成功しています。
ではどのような思考を持って行動すればいいのかを説明していきます。

ダメもとでやってみる

先ほどの柳井社長の名言にもありましたが、

まず実行すること。そして実行しながら考えることです。実行してみて、計画と現実が違ったら、その時点でいかに早く対応するかが大事です。

小さな失敗を積み重ねることによって、成功が見えてきます。

まず試してみて、行動しながら考えること。
行動のための第一歩がとにかく難しいのです。

トロッコは、勢いをつけるまでにかなりの労力を必要としますよね。ですが、一度走り始めるとどんどん勢いがついていき、かなりのスピードで走ることができる。
それと同じで、とにかくまずはダメもとでやってみるのです。

目標を達成できない人は、この第一歩を踏み出すことができません。
私もそうでした。何かと理由をつけて、やるのを避けていたのです。そうなればとにかく避けて逃げての繰り返し。そしてこれは習慣化してしまい、何事に対しても避けと逃げの人生になってしまいます。

まずはダメもとでやってみる。そこからがスタートなのです。

失敗を失敗で終わらせない

どんな経営者でも失敗をしてきたと言いましたが、彼らは失敗を失敗のままで終わらせません。
失敗から学ぶことで、成功したのです。

これは全ての物事に言えます。

小さい子供は、ものすごく元気に走り回りますよね。お母さんが止めているのに走り回りすぎて、転んで怪我をしてしまいます。ものすごく痛くて泣いてしまいますよね。
「はしゃぎすぎる」→「転んで痛い重いをする」→「はしゃぎすぎると痛い思いをする。」

新しくアルバイトを始めた子は、とにかく失敗ばかりです。ミスをすることで怒られるし、格好悪いし、恥ずかしいですよね。
「ミスをたくさんする」→「こんな自分はダサい。ミスしないようにするにはどうすればいいか」→「こうすればいいと教えられる。こうすればミスしないんじゃないかと学ぶ」

普段何気なく見てきた、行ってきたことは失敗を失敗で終わらせなかったから成長・成功してきたのです。
上記に挙げたものは、自然と行ってきたことですが、ビジネスや勉強においても同じことが言えます。

どんなに大きな失敗でも、それを糧に学ぶことで成功へ繋がる道になるのです。

目標立ては3つの期間で考える

目標が達成できない人は、目標をうまく立てられていないから目標達成できないのです。
目標を達成するためには、3つに分けて目標を立てるといいです。

  • 短期目標
  • …日々に行うこと

  • 中期目標
  • …1週間・1ヶ月で行うこと

  • 最終目標
  • …達成したいこと

この3つの期間で目標と立てることで、より明確でイメージをしやすくなり、モチベーションを保つことができるのです。
では例えとして私の目標を出して見ます。

私の目標

私はビジネスでサイトの運営をいくつか行なっております。
このサイトもそうです。

ではそれぞれの目標はというと

  • 短期目標
  • …毎日最低1記事書く

  • 中期目標
  • …1ヶ月で50記事を書く。

  • 最終目標
  • …当サイトで1ヶ月の収益50万を達成する。

当サイトでの1年の目標は上記のものです。
では細かく考えていきましょう。

短期目標

短期目標とは最終目標に到るまでに、日々何をすべきかの目標です。
要は日課ですね。

個人事業主というのはサボろうと思えばいくらでもサボれます。
ただ暮らせなくなってしまいますが…

なので、毎日自分自身で働くよう言い聞かせ日課として
このサイトに限らず、どのサイトでもいいから必ず1日2000文字以上の記事を1記事投稿する。
という風にしています。

2000文字の記事を1記事書くというのは、2時間もあればできます。
1日の中で2時間というのは簡単ですよね。

短期目標は、自分が無理をせず簡単にこなせることを目標にしましょう。

中期目標

私の中期目標は1ヶ月で50記事投稿するということを目標にしています。
これは最低1日1記事投稿するけど気分が乗れば2記事書くといった感じです。

人間ですから気分が上がってる日も下がる日もありますよね。
なので、短期目標にプラスして行えることを中期目標にしましょう。

短期目標×日数では、あまり意味がありません。向上心を持って中期目標を立てることでさらにやる気を保つことができます。

長期目標

自分が成功しているであろう未来を長期目標にします。
そしてそのなりたい未来であなた自身がどうなっているかも強くイメージします。

私の場合は、
このサイトのみで月50万稼ぎ、好きな時に仕事をし、何でも好きなものを買い、もっといいところへ引っ越し、広い住居でオシャレに仕事をして、好きな時に旅行に行き、そこで気分が乗ったら仕事をぽちぽちする。

なんていうしょぼいけど誰もが憧れるであろう未来をイメージしています。

そしてその憧れの未来を実現するためには、仕事でどういう風に実現できているかもイメージします。

現在このサイトでは月3万PVで5万程稼ぐことができています。そのため月30万PVを達成できれば単純に月50万稼ぐことができます。
そのためには1日1万PVが必要であり、人気の記事は1記事で300PV程なので、単純に30記事ぐらい人気記事を作成すればいいのです。

当サイトでは人気の記事は20記事に1記事ほど生まれるので、月50記事書けば2.5記事ほどは人気記事が出てきます。
それを1年間こなせば30記事となり、ほぼ計算通りになりますよね。

とまあ少しややこしくなりましたが、短期目標・中期目標・長期目標の関連具合がイメージできたでしょうか。

目標が達成できないという人は、数字で考えると特にイメージがしやすくなりますので、数字を用いてそれぞれの目標を立てることをお勧めします。

習慣化

目標が達成できないという人は、日課をこなせていないという人が多いです。
日課をこなすことができないということは、習慣化ができていないからです。

習慣化とは、それをやらないと何かモヤモヤすることです。
歯磨きが一番イメージしやすいですね。

子供の頃から寝る前やご飯を食べたら歯磨きをするという習慣があるから、ご飯を食べた後に歯を磨かないとどこか心が落ち着かないですよね。
子供の頃は、親から「ご飯を食べたら歯を磨きなさい」と言われ続け、毎日行なっていたのでそれが身についています。

大人になったあなたは誰かに言われなくても毎日行うということができるようになっています。
大きなことでなくていいので、目標を達成するための小さな何かから初めてみましょう。

習慣化するための期間

体が習慣化される期間というのは物事によって違うと言われています。

  • 学習や読書などの意識的なもの
  • …これらは約3週間ほどで習慣化されると言われています。3週間続けることで、毎日こなせるようになるということですね。

  • ランニングやダイエットなどの身体的なもの
  • …身体的な習慣化は約3ヶ月ほどかかると言われています。人の細胞というのは3ヶ月で入れ替わると言われているので、これに関連しているのかもしれません。

少しずつ習慣を作る

3週間や3ヶ月というのは短いようで長いですよね。
なのでいきなりハードな目標を立てても三日坊主になってしまいます。

英語学習を習慣化させたいのなら、電車の中での30分だけ英語の勉強をする。トイレで大をしている時だけ英単語を覚える。といった風に簡単にこなせる目標を習慣化させることがまず第一です。
小さな目標でも習慣化されることで「慣れてきたしもうちょっと頑張ってみようかな?」と徐々に習慣化の行動が大きくなっていきます。

初めのトロッコの話でも言いましたが、まず第一歩が一番ハードルが高いのです。
習慣化のための第一歩を踏み始めることで、目標に向かって歩き出すことができます。

別に1歩でなくても構いません。0.1歩でもいいので、あなたなりに毎日続けることができる習慣化を作ってみましょう。

やりやすい環境づくり

仕事がしやすい、勉強がしやすい場所・時間などありませんか?
環境というのはとても大事です。

テレビをつけ、横に漫画があり、深夜の時間に捗るでしょうか?捗らないですよね。
目標が達成できないというあなたは、この環境づくりをまず見直す必要があるかもしれません。

やりやすい環境を見つける

まずはやりやすい環境を見つけることです。

私は副業で週2日ほどスターバックスで働いているのですが、毎朝一番に来る常連さんがいます。
7時に来て、コーヒーを飲みながら2時間ほど作業をしているという方です。

その方は自分でビジネスを行なっている方ですが、成功していらっしゃいますし、それを毎日続けています。

毎朝、他のお客さんがいない静かな空間でする仕事はとても捗るそうです。

カフェでなくとも図書館でも、家にそういった集中できる空間を作るのもいいでしょう。

まずはやりやすい環境を見つけることが大切です。

捗る時間帯を見つける

捗る時間帯というのは、人それぞれ違うでしょう。
朝捗る人もいれば、夜捗る人もいる。

自分が集中しやすい時間帯を見つけることも目標を達成するために必要なことです。

ですが可能であれば午前中に日課やこなすべきことを持って来た方が好ましいです。
なぜなら夜では疲れていて頭に入らないことが多いからです。

勉強にしろ仕事にしろ目標達成のためには、頭を使うことが必要とされることが多いです。
頭を使う作業に関しては朝にやる方がいいとされています。

朝は創作や想像力が働きやすく、作業効率をよくする方法も生まれるかもしれません。

それに朝にやる。と決めていれば、もし朝できなくても夜に行うことができます。
夜にやると決めていた場合翌日に持ち越しか、長引けば夜更かししてしまう可能性もあります。

捗る時間を見つけるのも大事なのですが、できれば朝に目標達成するための行動をすることをお勧めします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
目標が達成できないという方は、上記のことでいくつかできていなかったのではないでしょうか。

達成したい目標があるというあなた、ぜひ実践してみてください!